NEWS ニュース

スタジオ収録・ライブイベントに観客がリモートで参加できる新サービス「Virtual Live Audience」の提供を開始

2021.05.19

映画・エンタメコンテンツのデジタルプロモーションをはじめ、デジタルマーケティングの総合プロデュースを担う株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保浩章)は、世界最大規模のPA会社であるClair Globalが独自に開発したバーチャル観客システム「Virtual Live Audience」の提供を開始いたします(導入は2021年7月以降予定)。

Virtual Live Audience


提供の背景

コロナ禍の中で、コンサート・スポーツ・番組収録・記者会見・企業イベントなど様々なライブイベントが無観客または観客数を制限しながら実施され、多くの視聴者はストリーミング配信経由でその様子を視聴しています。しかし観客が会場にいることで生まれるコール&レスポンスや歓声・拍手などによる現場の盛り上がりが無いことによって、配信コンテンツとしての魅力や訴求力が落ちてしまっているのが現状です。

提供の背景



「Virtual Live Audience」のサービス概要

Virtual Live Audienceは、Clair Global独自の低遅延(200ms) の伝送技術を活用し、遠隔地にいる観客があたかも現地にいるようにスタジオ収録・ライブイベントに参加できるシステムです。観客はスタジオの映像をほぼリアルタイムで視聴し、また出演者もモニタ・スピーカー経由でそれぞれの観客の顔と声をほぼリアルタイムで体感することで、従来のライブイベントのような出演者と観客が一体となった現場の大きな盛り上がりを実現します。

サービス紹介動画(英語)
https://vimeo.com/496031678


<Virtual Live Audience(VLA)のシステム概要図>
Virtual Live Audience(VLA)のシステム概要図


<Virtual Live Audienceの主な特徴>
  • 観客は特殊なアプリのインストールの必要なく、パソコン・スマホ・タブレットなどあらゆる端末からウェブブラウザ経由で参加(WebRTCを使用)
  • 200msという低遅延での伝送なのでタイムラグなく出演者と観客のコミュニケーションが可能
  • 観客の表示方法は自由にデザイン/カスタマイズが可能
  • クラウドおよびサーバ双方に冗長性を確保
  • スタジオ/イベント会場においての映像および音声はHD-SDI/HDMIなど標準的な入出力端子に加えてネットワーク経由でのNDI/Danteにも対応



Clair Globalについて

1966年の会社設立後、イーストコーストで手掛けたライブが高い評価を得、また70年代にはエルトン・ジョンやイエス、ムーディーブルースのコンサートの成功により確固たる基盤を固める。1975年には独自のS4スピーカーシステムとカスタムコンソールを発表。更にカスタム・ハンギングシステムの導入に伴い、屋内会場におけるSRシステムの明瞭かつパワフルで量感溢れるサウンドはフリートウッドマック、ピーター・フランプトン、ブルース・スプリングスティーン等の成功で立証され、Clair の地位は揺るぎないものになる。その後、機材設備の施工ビジネスを開始し、コンサートホールやシアターなどのエンターテイメント施設、教会、学校、レストランなどを数多く手がける。1980年代にはスイスのバーゼルを拠点とするAudio RentやオーストラリアのJANDS Productionと、また1989年にはクレアブラザーズ・オーディオ・ジャパン(現 クレア・ジャパン)と提携契約を結び、ヨーロッパやアジア地域におけるビジネスを拡大。1990年代にはテネシー州ナシュビルのMD Systems、さらに2000年にはライバルとして長年競い合ってきた業界第2位の SHOWCO(テキサス州ダラス)、2007年にdb Sound(イリノイ州シカゴ)を傘下に置き業務を拡大。
そして2008年、『Clair Brothers Audio Enterprises』から『Clair Global』と社名が変更され、2010年、Wireless First, Inc.、GTO Live, Inc.の買収を経てワイヤレスビジネスを開始、2017年にはBritannia Row (UK)、2020年にはEighth Day Soundに友好的買収を実行し、世界第一位の売り上げを誇るPA会社となる。


株式会社フラッグについて

【会社概要】
会社名: 株式会社フラッグ
所在地: 〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F
代表者: 久保浩章
設立:  2004年1月
URL: https://www.flag-pictures.co.jp/
事業内容:
■コンテンツ制作事業(映像制作/ライブ配信/Web制作/インタラクティブコンテンツ)
■グローバルプロダクション事業
■プロモーション事業(オンラインパブリシティ/ソーシャルメディアマーケティング/インターネット広告)
■映画配給宣伝事業(買付/配給/宣伝プロデュース)
■コンテンツビジネス開発事業
■スポーツビジネス開発事業
■教育事業 ニューシネマワークショップ(NCW)



本件に関するお問い合わせ

株式会社フラッグ 法人営業部
TEL:03-6427-9089 / https://www.flag-pictures.co.jp/app/contact/
本リリースに関するお問い合わせ

株式会社フラッグ 人事総務部 広報 薄
TEL:070-2192-1712
MAIL:press@flag-pictures.co.jp

CONTACT
プロジェクトを相談する