NEWS ニュース

「映画 講談・難波戦記 -真田幸村 紅蓮の猛将-」 劇場公開のお知らせ

2015.11.20

映画 講談・難波戦記 -真田幸村 紅蓮の猛将-

株式会社フラッグ(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:久保浩章 以下、フラッグ)は、自社企画・製作・配給作品「映画 講談・難波戦記 -真田幸村 紅蓮の猛将-」を2015年11月21日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開致します。

作品概要

作品概要

戦乱の世、徳川家康という強大な権力を持つ男の首にあと一歩のところまで迫ったという伝説の戦国武将、真田幸村。人々を魅了し続け、これまで数々の小説・漫画・ゲーム・ドラマ・映画で描かれてきた真田幸村だが、今、更なるブームの波が高まっている。今年は幸村没・大坂夏の陣からちょうど400年。そして来年2016年には脚本・三谷幸喜、主演・堺雅人で大注目のNHK大河ドラマ「真田丸」の放映が控え、既に大きな期待が寄せられている。この史上最高の幸村ブームに先駆け、江戸時代から今につながる幸村人気の原点、「講談・難波戦記(なんばせんき)」が、満を持してスクリーンに登場する!

講談・難波戦記は、豊臣VS徳川の最終決戦「大坂の陣」を舞台にしたもので、江戸時代、豊臣家のおひざ元・大阪で秘かに語り継がれ、今につながる真田幸村人気の原点とも言われるお話だ。一見難しそうに感じる「講談」だが、今回の作品では、映像ならではの様々な工夫をこらし、講談初心者が大いに楽しめる内容となっている。

幸村の凄まじい生き様を口舌鮮やかに語りつくすのは、伝統を引き継ぎつつ、新たなる可能性にチャレンジし続ける講談師・旭堂南湖。戦場を駆ける幸村、絶体絶命の家康、空を焦がす大坂城――。日本が誇る話芸【講談】の躍動する言葉に導かれ、見たこともない映像があなたの<頭の中>に拡がること間違いなし。講談独特の話法「修羅場読み」で描かれる幸村の激しく、凛々しい姿は必見!


あらすじ

時は戦国末期のこと。関ヶ原の戦いで西軍に加勢した真田幸村は、合戦が終わり西軍が負けると、住み慣れた信州を後にし、紀州・高野山へと引き籠って暮らすことになった。高野山の麓・九度山に屋敷を構えた幸村。共に流された父が亡くなり、妻にも先立たれると、すっかり落ちぶれた様子で、近所の人々にも馬鹿にされる始末。毎日を無為に過ごす幸村の姿は、誰が見ても情けないものであった――

関東の大御所・徳川家康と大坂・豊臣秀頼の関係が緊迫してきた慶長19年。幸村の元へ、秀頼公からの大坂招聘の知らせを持った使者がやってきた。徳川方の見張りの目が厳しい中、幸村が無事大坂へと向かうために取った策とは?そして大坂へ攻め込んできた家康を迎え撃つ幸村の計略とは?家康との直接対決の結末やいかに――!?

劇場情報
東京新宿武蔵野館11月21日(土)よりモーニングショー!
長野シアターシネマポイント11月21日(土)より公開!
大阪テアトル梅田12月5日(土)よりモーニングショー!
京都京都みなみ会館12月12日(土)より公開!
兵庫元町映画館12月12日(土)より公開!

※2015年11月18日現在

関連サイト

公式Webサイト:yukimura-movie.com

「映画 講談・難波戦記 -真田幸村 紅蓮の猛将-」
監督:勝呂佳正 出演:旭堂南湖
原作:「講談・難波戦記」(旭堂南湖口演)
製作・配給:株式会社フラッグ 協力:武蔵野エンタテインメント
Blu-ray/カラー/96分/16:9/2015/日本
©2015 flag Co.,Ltd. 
11月21日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

本件に関するお問い合わせ

担当:経営企画室 上田  MAIL:info.co-plan@flag-pictures.co.jp
TEL : 03-5774-6398 FAX:03-5778-1661
東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F

CONTACT
プロジェクトを相談する