FLAG

今さら聞けない!SNS運用の始め方 ―最新アルゴリズムから体制構築まで―

概要

この記事では、成長を続ける企業SNSマーケティングの市場に焦点を当て、成功するSNS運用のための戦略と実践方法を解説します。SNS運用担当者に向けて、最新のトレンドや効果的なアプローチをご紹介いたします。

企業SNSの市場

2027年には2023年比で約1.7倍に成長すると予測される企業SNS市場は、様々な年齢層に受け入れられ、多目的に利用されるようになっています。この市場拡大は、SNSアカウント運用の需要をさらに後押ししています。

出典:サイバー・バズ/デジタルインファクト調べ

SNS運用で重要なこと

最新SNS戦略の理解

UGCの活用とプラットフォーム特性を把握し、エンゲージメントを高める

スマホを開いたらいつも良質なレコメンドが上がっていること、それが最新のSNS戦略です。ではどういった投稿が良質な投稿としてレコメンドされるのか。様々な理由が挙げられますが、多くはUGC(ユーザー生成コンテンツ)が重要です。なぜなら、企業アカウント増加の背景から、企業の広告的な発信よりも、友人・知人のレコメンドの方が強力になっているからです。

さらに、エンゲージメントを促すためのアルゴリズムの理解も必要で、投稿の初速(いいねやコメントの速さ)が、コンテンツの可視性を高める重要な要素です。

KGI/KPIの設定

目標と成果の指標を定め、戦略の効果を定期的に評価する

SNS運用の成果を測定し改善するためには、具体的なKGI(Key Goal Indicator)とKPI(Key Performance Indicator)を設定する必要があります。KGIはビジネス目標の達成度を測るための指標で、例えば「ブランド認知度の向上」「リード獲得数の増加」などが挙げられます。

KPIはその達成に向けたプロセスの進捗を示す指標で、具体的には「フォロワー数の増加」「投稿のエンゲージメント率」「キャンペーンのコンバージョン率」などが考えられます。これらの指標を定め、定期的に分析・評価することで、戦略の効果を客観的に判断し、必要に応じて修正を加えることができます。

ターゲットの設定

デモグラフィックとサイコグラフィック情報を組み合わせ、具体的な顧客像を描く

効果的なSNS戦略を立てるためには、誰にメッセージを届けたいかを明確にすることが重要です。

ターゲットの設定には、デモグラフィック情報(年齢、性別、居住地など)だけでなく、サイコグラフィック情報(趣味、興味、ライフスタイルなど)も含めることが推奨されます。これにより、より精密な顧客像を描き、そのニーズに合ったコンテンツを提供することが可能になります。

プラットフォームの選定

目的に合わせたSNSプラットフォームを選び、効果的にリーチを拡大

適切なプラットフォームの選定は、リーチとエンゲージメントを最大化する上で重要です。
各SNSプラットフォームはユーザーベースが異なり、それぞれ異なる特性を持っています。例えば、若年層にリーチしたい場合はTikTokやInstagramが効果的ですが、ビジネス関連の内容であればFacebookが適しています。
また、プラットフォームごとのコンテンツの形式やアルゴリズムの理解も重要で、これにより戦略的なコンテンツ配信が可能になります。

体制構築

運用チームの配置、リスク管理、一貫した基準に基づくポリシー策定を行う

最後に、SNS運用を支える体制を構築することが必須です。これには、適切な運用チームの配置、役割分担、スケジュール管理、リスク管理策の設定などが含まれます。

また、SNSポリシーの策定を行い、チーム全員が一貫した基準に基づいて行動できるようにすることも重要です。さらに、炎上などがあった際の対策としてクライシスマネジメント計画を準備しておくことで、問題が発生した際に迅速かつ適切に対応できるようにします。

まとめ

SNS運用を成功させるには、最新トレンドへの適応、目標設定の明確化、ターゲット層の理解、適切なプラットフォーム選び、そしてしっかりした体制作りが鍵です。これらを心掛けて一歩一歩進んでいくことで、企業のSNSマーケティングは着実に成果を見せてくれます。

SNS運用・キャンペーンなら「キャントピ」!

株式会社フラッグではキャンペーンマーケティングサービスを提供しています。
ソーシャルメディアでの実績は900件以上、約80%の高いリピート率を誇ります。私たちは豊富なデジタルプロモーションでの経験・知見に基づいたプランニングで、企画からクリエイティブ制作・広告・賞品発送まで一気通貫でお客さまの課題解決に貢献いたします。ぜひ気軽にお問い合わせください!

資料請求はこちら

お知らせ

SNSアカウント運用の始め方

セミナーアーカイブ
申し込みはこちら▼

申し込み


このコラムを読んだ人はこのコラムも読んでいます

SNSマーケティング
X
エンタメ業界
SNSマーケティング
X
エンタメ業界
キャンペーン

フラッグについてもっと知りたい方へ