NEWS ニュース

スタジオ収録・ライブイベントに観客がリモートで参加できる新サービス「Virtual Live Audience」の提供を開始

2021.05.19

映画・エンタメコンテンツのデジタルプロモーションをはじめ、デジタルマーケティングの総合プロデュースを担う株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保浩章)は、世界最大規模のPA会社であるClair Globalが独自に開発したバーチャル観客システム「Virtual Live Audience」の提供を開始いたします(導入は2021年7月以降予定)。

Virtual Live Audience


提供の背景

コロナ禍の中で、コンサート・スポーツ・番組収録・記者会見・企業イベントなど様々なライブイベントが無観客または観客数を制限しながら実施され、多くの視聴者はストリーミング配信経由でその様子を視聴しています。しかし観客が会場にいることで生まれるコール&レスポンスや歓声・拍手などによる現場の盛り上がりが無いことによって、配信コンテンツとしての魅力や訴求力が落ちてしまっているのが現状です。

提供の背景



「Virtual Live Audience」のサービス概要

Virtual Live Audienceは、Clair Global独自の低遅延(200ms) の伝送技術を活用し、遠隔地にいる観客があたかも現地にいるようにスタジオ収録・ライブイベントに参加できるシステムです。観客はスタジオの映像をほぼリアルタイムで視聴し、また出演者もモニタ・スピーカー経由でそれぞれの観客の顔と声をほぼリアルタイムで体感することで、従来のライブイベントのような出演者と観客が一体となった現場の大きな盛り上がりを実現します。

サービス紹介動画(英語)
https://vimeo.com/496031678


<Virtual Live Audience(VLA)のシステム概要図>
Virtual Live Audience(VLA)のシステム概要図


<Virtual Live Audienceの主な特徴>
  • 観客は特殊なアプリのインストールの必要なく、パソコン・スマホ・タブレットなどあらゆる端末からウェブブラウザ経由で参加(WebRTCを使用)
  • 200msという低遅延での伝送なのでタイムラグなく出演者と観客のコミュニケーションが可能
  • 観客の表示方法は自由にデザイン/カスタマイズが可能
  • クラウドおよびサーバ双方に冗長性を確保
  • スタジオ/イベント会場においての映像および音声はHD-SDI/HDMIなど標準的な入出力端子に加えてネットワーク経由でのNDI/Danteにも対応



Clair Globalについて

1966年の会社設立後、イーストコーストで手掛けたライブが高い評価を得、また70年代にはエルトン・ジョンやイエス、ムーディーブルースのコンサートの成功により確固たる基盤を固める。1975年には独自のS4スピーカーシステムとカスタムコンソールを発表。更にカスタム・ハンギングシステムの導入に伴い、屋内会場におけるSRシステムの明瞭かつパワフルで量感溢れるサウンドはフリートウッドマック、ピーター・フランプトン、ブルース・スプリングスティーン等の成功で立証され、Clair の地位は揺るぎないものになる。その後、機材設備の施工ビジネスを開始し、コンサートホールやシアターなどのエンターテイメント施設、教会、学校、レストランなどを数多く手がける。1980年代にはスイスのバーゼルを拠点とするAudio RentやオーストラリアのJANDS Productionと、また1989年にはクレアブラザーズ・オーディオ・ジャパン(現 クレア・ジャパン)と提携契約を結び、ヨーロッパやアジア地域におけるビジネスを拡大。1990年代にはテネシー州ナシュビルのMD Systems、さらに2000年にはライバルとして長年競い合ってきた業界第2位の SHOWCO(テキサス州ダラス)、2007年にdb Sound(イリノイ州シカゴ)を傘下に置き業務を拡大。
そして2008年、『Clair Brothers Audio Enterprises』から『Clair Global』と社名が変更され、2010年、Wireless First, Inc.、GTO Live, Inc.の買収を経てワイヤレスビジネスを開始、2017年にはBritannia Row (UK)、2020年にはEighth Day Soundに友好的買収を実行し、世界第一位の売り上げを誇るPA会社となる。


株式会社フラッグについて

【会社概要】
会社名: 株式会社フラッグ
所在地: 〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F
代表者: 久保浩章
設立:  2004年1月
URL: https://www.flag-pictures.co.jp/
事業内容:
■コンテンツ制作事業(映像制作/ライブ配信/Web制作/インタラクティブコンテンツ)
■グローバルプロダクション事業
■プロモーション事業(オンラインパブリシティ/ソーシャルメディアマーケティング/インターネット広告)
■映画配給宣伝事業(買付/配給/宣伝プロデュース)
■コンテンツビジネス開発事業
■スポーツビジネス開発事業
■教育事業 ニューシネマワークショップ(NCW)



本件に関するお問い合わせ

株式会社フラッグ 法人営業部
TEL:03-6427-9089 / https://www.flag-pictures.co.jp/app/contact/
本リリースに関するお問い合わせ

株式会社フラッグ コーポレートデザイン部 広報 薄
TEL:070-2192-1712
MAIL:press@flag-pictures.co.jp

株式会社ピー・ツーとの業務提携開始に関するお知らせ

2021.05.11

オンラインとオフラインの融合時代において、
戦略的かつ効果的な映画宣伝をワンストップで提供

映画・エンタメコンテンツのデジタルプロモーションをはじめ、デジタルマーケティングの総合プロデュースを担う株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:久保浩章、以下、当社)は、映画宣伝を手がける株式会社ピー・ツ―(東京都千代田区、代表取締役:照本良、以下、P2)との業務提携を開始し、同時に当社代表取締役・久保浩章がP2の取締役に就任することをお知らせいたします。

flag P2
提携の目的

P2は1985年の設立以来、映画宣伝における紙・電波のパブリシティ業務のリーディングカンパニーとして、洋画・邦画を問わず、アート系からエンタテイメントまで、あらゆるジャンルの作品を400作品以上手がけてきました。また当社は、映画・エンタメのオンラインパブリシティに留まらず、ソーシャルメディアでの話題化を意識しながら自分ゴト化・世の中ゴト化を目指し、単なるメディア露出に留まらない戦略的かつソーシャルメディア時代にフィットしたデジタルプロモーション(オンラインパブリシティ、ソーシャルメディアマーケティング、インターネット広告)を提供してきました。また、昨今は宣伝プロデュース事業を立ち上げ、映画宣伝全体のプロデュースにも力をいれています。
この両社の業務提携により、P2 の新聞・雑誌・テレビなどの紙・電波媒体へのリレーション・ノウハウと、フラッグの持つデジタルプロモーションの知見・ノウハウを合わせることで、オンラインとオフラインの融合が重要視される時代において戦略的かつ効果的な映画宣伝をワンストップで提供することが可能になります。

提携の内容(取り組みのイメージ)
  • 紙・電波とデジタル、双方のパブリシティをワンストップで提供
  • 全媒体とのリレーションが可能となったことでパブリシティに留まらず、「ソーシャルメディアマーケティング」、「メディアバイイング」、「タイアップ」のほか、「制作宣伝」、「宣伝プランの立案」、「宣伝クリエティブ」を含む総合的な映画宣伝プロデュースの提供が可能
  • オンライン担当とオフライン担当、双方のスタッフでナレッジを共有し、映画宣伝をトータルプランニングできる人材を育成

株式会社ピー・ツ―について

【会社概要】
会社名: 株式会社ピー・ツー
所在地: 〒101‐0051 東京都千代田区神田神保町1‐2 田辺ビル4F
代表者: 照本良
設立: 1985年7月
URL: http://p2-inc.com/
事業内容: 
映画のパブリシティ業務を主体に、映画会報誌の企画・編集・制作、試写会・イベント・映画祭等の企画・制作・運営


株式会社フラッグについて

【会社概要】
会社名: 株式会社フラッグ
所在地: 〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F
代表者: 久保浩章
設立:  2004年1月
URL: https://www.flag-pictures.co.jp/
事業内容:
■プロモーション事業(オンラインパブリシティ/ソーシャルメディアマーケティング/インターネット広告)
■映画配給宣伝事業(買付/配給/宣伝プロデュース)
■コンテンツ制作事業(映像制作/ライブ配信/Web制作/インタラクティブコンテンツ)
■グローバルプロダクション事業
■コンテンツビジネス開発事業
■スポーツビジネス開発事業
■教育事業 ニューシネマワークショップ(NCW)


本リリースに関する報道お問い合わせ先

担当:コーポレートデザイン部 広報 薄
TEL:070-2192-1712
MAIL:press@flag-pictures.co.jp
東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F

松山・道後PR動画コンテスト「まつやまにおいでんか~WELCOME TO MATSUYAMA~」でグランプリを獲得

2020.12.01

公益社団法人松山青年会議所が主催する愛媛県松山市道後地区をPRする動画コンテスト(外国人向け観光復興支援事業「まつやまにおいでんか~WELCOME TO MATSUYAMA~」)において、株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:久保浩章) 松山オフィススタッフが制作した「道後溫泉 with 閨密 Dogo Onsen with Bestie」がグランプリを受賞しました。

新型コロナウイルス感染症の流行が終息した後に、台湾の方々に松山の地を旅行先に選んでもらえるよう、松山市道後の魅力を発信する目的の動画コンテストには85作品がエントリー。愛媛県出身の映画監督で脚本家の渡部亮平さんが特別審査員を務めました。

松山青年会議所コンテスト特設サイト:https://www.mjckokusai.com/

■制作スタッフ
ディレクター:小林優弥(松山オフィス)
出演・編集 :宇佐美菜帆(松山オフィス)
撮影・編集 :島﨑雄大(松山オフィス)


本件に関するお問い合わせ

MAIL:sales@flag-pictures.co.jp
TEL:03-5774-6398(代表)
東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F

『有田プロレスインターナショナル』Amazon Prime Videoにて独占配信決定のお知らせ

2020.10.20

株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:久保浩章)が、企画・製作を行うプロレスバラエティ番組『有田プロレスインターナショナル(※略称:Aインター)』が、このたび11月4日(水)よりAmazon Prime Videoで4話同日独占配信スタートすることが決定致しました。

有田プロレスインターナショナル

『有田プロレスインターナショナル』とは?

Amazon Prime Videoにて独占配信中の大人気番組『有田と週刊プロレスと』。くりぃむしちゅー有田哲平さんが巧みに語るプロレス事件史に多くの人々が魅了され、たくさんのファンに惜しまれながら、通算4シーズンで幕を閉じました。

プロレスの長い歴史と、そこに秘められた数々のドラマを紐解いてきた『有田と週刊プロレスと』。しかし、プロレスの魅力は、歴史やドラマだけではありません。その後継番組としてスタートする『有田プロレスインターナショナル』は、有田さんがプロレスの様々な魅力と楽しみ方をあらゆる角度から深堀りしていく新たなプロレスバラエティ番組です。

今度の有田さんは「動く」!今度の有田さんは「踊る」!プロレスをテーマにした新たなバラエティにご期待ください。


くりぃむしちゅー有田哲平さんコメント

『有田と週刊プロレスと』はプロレスの歴史を教える授業のような番組でしたが、そこで僕のプロレス知識のほぼ全てを語り尽くしました。今度はその課外授業とも言える新しいプロレスバラエティ番組です。『有田と週刊プロレスと』がすごく好きで、観ていただいて面白いなと言ってくれたり、それがきっかけでプロレスファンになってくれた方がいたとすれば、その知識を引っ提げた皆さんは、きっとさらにこの『Aインター』を楽しんでいただけるはずです!いよいよ応用編です。『有田と週刊プロレスと』でプロレスに興味を持ったり、楽しんでくださった方は、ぜひ一緒に『Aインター』という次のステップに進みましょう!(笑)

Amazon番組視聴ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B08KYN79RR
公式サイト:https://arita-inter.com
Twitter:https://twitter.com/aripro_wp
Instagram:https://www.instagram.com/arita_ainter/
Facebook:https://www.facebook.com/aripro.wp/
YouTube:https://www.youtube.com/c/aripro
Amazon Prime Video:www.amazon.co.jp/PrimeVideo


本件に関するお問い合わせ

担当:番組宣伝担当 薄
MAIL:n.usuki@flag-pictures.co.jp
東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F

フラッグ広島オフィス移転のお知らせ

2020.10.01

株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:久保浩章 以下、フラッグ)は、業務拡大に伴い2020年10月1日(木)より広島オフィスを移転し、営業を開始することといたしました。
お取引先様等におかれましては、誠にお手数をおかけ致しますが移転に伴う住所登録等の変更をお願い申し上げます。

新オフィスの詳細は下記をご参照ください。

[新住所の詳細]

株式会社フラッグ 広島オフィス
〒730-0051
広島県広島市中区大手町5-1-1 大手町ファーストビル7F
地図はこちら

TEL:082-546-9866
FAX:082-546-9867


本件に関するお問い合わせ

MAIL:sales@flag-pictures.co.jp
TEL:03-5774-6398(代表)
東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F

ニューシネマワークショップ株式会社との合併に関するお知らせ

2020.04.01

株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:久保浩章)は、2020年4月1日付けで100%連結子会社であるニューシネマワークショップ株式会社を吸収合併することといたしました。

合併後、ニューシネマワークショップ株式会社が運営してきた映画学校ニューシネマワークショップ(NCW)は、株式会社フラッグ が手がける事業として継承してまいります。スタッフや運営体制などに変更はございません。

今後とも株式会社フラッグをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


本件に関するお問い合わせ

MAIL:sales@flag-pictures.co.jp
TEL:03-5774-6398(代表)
東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F

企業のライブ配信を総合的にサポートする「flag Live Integration」のサービス提供開始

2019.12.13

株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:久保浩章)は、株式会社Candee(本社:東京都港区、代表取締役:古岸和樹)内部署アポロ・プロダクションと協力し、ライブイベントやライブ配信コンテンツの企画から制作・撮影・配信・アカウント管理までのトータルソリューションを提供する「flag Live Integration」のサービスを提供開始いたします。

flag Live Integrationとは

5G回線のサービス開始、配信インフラのコスト減、共時性コンテンツを求めるユーザの増加などにともない、ライブ配信を活用したプロモーション、コミュニケーションを実施する企業が急増しています。しかし一般ユーザーがスマートフォン1つで実施できるライブ配信とは異なり、企業のライブ配信においては綿密な計画設計、スマホ視聴者を惹きつける企画演出、安定したストリーミングを実現するための配信技術など、ライブ配信におけるプロフェッショナルとしての知見・ノウハウが不可欠です。

そのような背景から、デジタルマーケティングやPR、映像・Web制作を手掛けるフラッグは、月間300本以上の配信技術を手掛けるアポロ・プロダクションと共同で、ライブ配信における企画から配信、運用までを統括的にサポートするflag Live Integrationの提供を開始いたします。

flag Live Integration
提供サービス
ライブ配信

⽇本全国6都市および⽶国ロサンゼルスに拠点をもつフラッグのネットワークを活用し、日本全国および米国にてライブ配信の企画・制作・撮影・配信サービスを提供いたします。これまで広告代理店・制作会社・撮影会社・配信会社・SNS運営会社など複数社に渡って発注していたライブ配信をワンストップで対応します。

ファンストリーミング

音楽・スポーツなどファンビジネスの領域にてライブ配信のソリューションを提供いたします。配信によるプロモーション、配信メディアへの放映権販売、ソーシャルメディアによるファンとの交流、ライブコマースやサブスクリプションによる新たな配信ビジネスの導入サポートなど、包括的なライフソリューションをご提供します。

eSports

プロモーションイベントの企画制作、既存ファンへの定期的な情報提供や利用促進のためのコミュニケーション番組、近年大きな盛り上がりを見せるeSportsのイベント企画・制作・配信・運営までをトータルでサポートします。

社内イベント

日本各地の会場や拠点をつなぐ全社イベント、社員全体にメッセージを伝える決起会、オンラインによる採用希望者に向けた会社説明会など、最新の伝送技術を活用することによって低コストかつセキュアなライブ配信を実現します。

会社概要

株式会社フラッグ
所在地:東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F
代表者:代表取締役 久保 浩章
資本金:2400万円(資本準備金 1400万円)
主な事業内容:コンテンツ制作/プロモーション/メディアサービス/コンテンツビジネス/教育/スポーツビジネス開発

株式会社Candee
所在地:東京都港区南青山2-27-25ヒューリック南青山ビル6F
代表者:代表取締役社長 CEO 古岸 和樹
資本金:30億2800万円(資本剰余金含む)
主な事業内容:メディア事業、動画マーケティング支援事業、タレントマネジメント事業



本件に関するお問い合わせ

株式会社フラッグ 法人営業部
TEL:03-6427-9089
URL:https://www.flag-pictures.co.jp/services/live/

スポーツビジネスブランディングを支援する新サービス「Perfect Team」を2019年10月3日(木)提供開始

2019.10.03

株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:久保浩章)は、株式会社インターテクスト(本社:東京都港区、代表取締役:海野裕)と協力し、スポーツチーム向けに的確なチーム運営やブランディング支援を行う新サービス「Perfect Team」を、10月3日(木)に提供開始いたします。

Perfect Team


「Perfect Team」とは

「Perfect Team」は、的確なチーム運営および、効果的なブランディングを実現するために、アンケート調査から、チーム運営戦略の策定、それに基づくコミュニケーション施策展開支援を実施するサービスです。
アンケート調査では、チームとの絆の強さで階層化したステークホルダーを調査対象とし、それぞれに最適な関係を構築するため、チームの根幹となる「チームのコンセプト」を定義し、広範な情報収集を実施します。


ステークホルダーの階層図


「Perfect Team」調査内容

主要なチームステークホルダー及び、チーム関係者に対し、それぞれの階層に合わせた調査(ファンクラブ調査、来場者調査、インナー調査、ポテンシャル調査)を行い、その結果をレポートにまとめます。


調査内容表

リサーチ&解析図


サービス開始の背景

― 近年の日本のスポーツ事情

現在開催中のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を前に、スポーツ業界が盛り上がりを見せる中、国内スポーツリーグのプロ化の動きが加速しています。2017年のプロバスケットボールのBリーグ開幕に始まり、昨年は卓球Tリーグの開幕、またバレーボールのVリーグは新しくスーパーリーグに生まれ変わりました。その他ラグビー、女子サッカーなどでもプロリーグ構想が進められています。

― チーム運営の課題

リーグのプロ化にあたり、チーム運営のビジネス化や収益確保が必須とされます。ターゲットに合った集客施策の実施や、チームブランディングを機能させるにあたり、チームの現状について正しく把握できていないことが課題となっていました。そこで観戦者やファンクラブの実態など現状理解に必要な情報収集と分析を行う「Perfect Team」をリリースし、今後の的確なチーム運営を支援します。

Perfect Team:https://flag-sports.jp/



株式会社フラッグ 会社概要

代表取締役:久保浩章
所在地:東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F
URL:https://www.flag-pictures.co.jp/services/sports_development/
事業内容:コンテンツ制作/プロモーション/メディアサービス/コンテンツビジネス/教育/スポーツビジネス開発

《株式会社フラッグ スポーツビジネス開発室概要》
フラッグは、デジタルマーケティングの総合プロデュースを担うデジタルエージェンシーです。スポーツビジネス開発室では、強みである企画や制作におけるノウハウ、各種ITソリューション、さらに様々なクライアントとのコネクションを複合的に活用し、クライアントのさらなるスポーツビジネス展開を支援、事業の発展を目指します。



株式会社インターテクスト 会社概要

代表取締役:海野裕
所在地:東京都港区麻布十番2-3-7 グリーンコート麻布十番301
URL:https://intertext.co.jp/
事業内容:マーケティングリサーチ/ビジョン(CSV)プランニング/IMCコンサルティング/コミュニティメディア開発

≪株式会社インターテクスト 概要≫
株式会社インターテクストは革新的なマーケティングリサーチで未来のカギとなる「共有価値」を「発見」し、企業と社会に「進化」をもたらす企業です。


本件に関するお問い合わせ

担当:スポーツビジネス開発室
MAIL:sbd@flag-pictures.co.jp
TEL:03-6427-1948 FAX:03-5778-1661
東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F

広島オフィス開設のお知らせ

2019.08.29

株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:久保浩章 以下、フラッグ)は、2019年10月1日(火)より広島オフィスを開設いたします。
広島オフィスは、中国地方のクライアントからのニーズに広く対応し、映像やWebサイトなどのコンテンツ制作、ソーシャルメディアマーケティングやデジタル広告プランニングなど、すべての弊社サービスをご提供して参ります。
既存の松山オフィスとも連携し、瀬戸内圏での営業・人材採用拠点の核としてコンテンツビジネスの一層の活性化に取り組んで参ります。

広島オフィスの詳細は下記をご参照ください。

[広島オフィスの住所の詳細]
株式会社フラッグ 広島オフィス
〒730-0053 広島県広島市中区東千田町1-1-61 hitoto広島ナレッジスクエア1F いいオフィス広島
地図はこちら

今後とも株式会社フラッグをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


本件に関するお問い合わせ

MAIL:sales@flag-pictures.co.jp
TEL:03-5774-6398(代表)
東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F

フラッグ大阪オフィス移転のお知らせ

2019.05.07

株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:久保浩章 以下、フラッグ)は、業務拡大に伴い2019年5月7日(火)より大阪オフィスを移転し、営業を開始することといたしました。
お取引先様等におかれましては、誠にお手数をおかけ致しますが移転に伴う住所登録等の変更をお願い申し上げます。

新オフィスの詳細は下記をご参照ください。

[新住所の詳細]
株式会社フラッグ 大阪オフィス
〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2-2-5 同心ビル2F
地図はこちら
TEL:06-6130-8615

今後とも株式会社フラッグをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

アメリカ・ロサンゼルスに現地法人「Flag Pictures, Inc.」設立のお知らせ

2019.04.01

株式会社フラッグは、海外向けに特化した映像制作を中心とするグローバルプロダクション事業の開始に伴い、100%子会社となる米国法人「Flag Pictures, Inc.」をロサンゼルス・ハリウッドに2019年3月13日(水)、設立いたしました。

Flag Pictures, Inc.


<Flag Pictures, Inc.設立の背景/事業展開>
背景

国内市場は消費低迷が続き、国内総生産の世界シェアが低下傾向にある昨今。クラウドファンディングやECサイトなどツールの多様化によって海外進出の敷居が下がり、直近の約10年間で日本企業の海外拠点数は倍増しています。

プロモーションにおいては、PR動画を見て購入意思を決定しているケースも年々増加傾向に。特に、クラウドファンディングを活用して海外進出を目指すスタートアップ企業にとって、動画を使ったプロモーションは必須となっています。

事業展開

フラッグでは、スタートアップ企業等の海外進出における海外向けプロモーションを映像面からサポートすべく、ロサンゼルス・ハリウッドに米国法人を設立。海外の文化やトレンドに精通し、豊富な知見を持つ現地制作パートナー・Prodigium Picturesと共に海外向けに最適化された映像を制作、ハリウッドだからこそ実現可能な映像表現で、クライアントの海外進出をサポートいたします。

<主なサービス>
海外向け会社紹介・プロモーション映像

ビジネス展開したいターゲット地域に向けて、企業や商品の価値をダイレクトに伝える映像を制作。
グローバル企業の動画コンテンツには、その国のライフスタイルに合った映像表現が求められます。
弊社米国法人の拠点であるハリウッドでは、ニーズに合わせた多様な演出プランのご提案が可能。海外ユーザーの共感と信頼獲得に繋げます。

<ハリウッドで映像制作する3つの魅力>
1. 映像制作における環境
  • 太陽の色、植物、家の外観や街並みなど、日本では実現不可能なロケーションで映像に真実味を与えることができる
  • 映像制作の需要が多いため、制作効率化の基盤がある
  • 長時間の撮影が可能な晴れ続きの天候は強力な味方に
  • タレントの権利問題もスムーズ

2. 豊富な人材
  • 現地でしかキャスティングできない多様な人種起用で、ダイバーシティを意識した企業イメージを創出できる
  • 日本制作では難しい“自然な英語”。現地では英語圏ならではの映像構成やナレーションを実現
  • 案件に応じた最適な制作チーム編成が可能
  • 有能な人材を束ねる現地プロデューサーがスタッフをアサイン
  • 120万人が集うハリウッドの人材サイトから才能あるタレントをキャスティング

3. ハリウッド制作は高くない
  • 制作の人件費は日本と同程度。キャスティング費は日本で外国人タレントを起用するより低価格
  • 機材費が日本に比べ圧倒的に安く、予算に応じて自在に使い分け可能
  • 日本同等のロケーション費でロサンゼルス市内2,750箇所の豊富なロケーションを活用


<Flag Pictures, Inc. 概要>
社名:Flag Pictures, Inc.
CEO:久保浩章
設立日:2019年3月13日(水)
所在地:1601 Vine Street Los Angeles CA 90028
URL:https://flag-pictures.global
事業内容:映像制作


本件に関するお問い合わせ

株式会社フラッグ グローバルプロダクション事業チーム
MAIL:global@flag-pictures.co.jp
TEL:03-6427-9089

フラッグ松山オフィス移転のお知らせ

2018.10.01

株式会社フラッグ(本社:東京都武蔵野市 代表取締役:久保浩章 以下、フラッグ)は、業務拡大に伴い2018年10月1日(月)より松山オフィスを移転し、営業を開始することといたしました。
お取引先様等におかれましては、誠にお手数をおかけ致しますが移転に伴う住所登録等の変更をお願い申し上げます。

新オフィスの詳細は下記をご参照ください。

[新住所の詳細]
株式会社フラッグ 松山オフィス
〒790-0038 愛媛県松山市和泉北3-17-11
地図はこちら
TEL 089-968-2666

今後とも株式会社フラッグをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

フラッグ東京本社移転のお知らせ

2018.09.25

株式会社フラッグ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:久保浩章 以下、フラッグ)は、吉祥寺本社及び渋谷オフィスを統合し、東京本社として新オフィスに移転し、2018年9月25日より営業を開始いたしました。

[新住所の詳細]
株式会社フラッグ 東京本社
〒150-0011 東京都渋谷区東一丁目29番3号 渋谷ブリッジ6階

地図はこちら

新オフィスが入居する渋谷ブリッジは渋谷再開発プロジェクトの一つであり、多世代・異文化をつなぐ街としてオープンしました。
統合と移転という新たな挑戦をこの新しい環境で迎えることを契機とし、改めて企業理念であるクリエイティブとビジネスの幸せな融合の実現に邁進して参りますので、引き続きお力添えを賜りますと幸いです。
お近くへお越しの際にはぜひお気軽にお立ち寄りくださいますよう、お願いいたします。

渋谷ブリッジの詳細はこちらをご参照ください。

今後とも株式会社フラッグをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

東京本社の営業開始日決定のお知らせ

2018.09.14

株式会社フラッグ(本社:東京都武蔵野市 代表取締役:久保浩章 以下、フラッグ)は、事業拡大に伴う業務効率化を図るため、吉祥寺本社及び渋谷オフィスを統合し、東京本社として新オフィスに移転し、2018年9月25日より営業を開始いたします。

[東京本社 オフィス移転概要]
新オフィスでの営業開始日:2018年9月25日(火)
移転先住所:〒150-0011 東京都渋谷区東一丁目29番3号 渋谷ブリッジ6階
※渋谷ブリッジB棟の4階、5階、6階(受付)へ入居いたします。

渋谷ブリッジの詳細はこちらをご参照ください。

お手数をおかけいたしますが、ご来社や書類・お荷物のご送付は、9月25日以降は新住所宛にお願いいたします。
今後とも株式会社フラッグをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

東京本社への統合と移転のお知らせ

2018.06.18

株式会社フラッグ(本社:東京都武蔵野市 代表取締役:久保浩章 以下、フラッグ)は、事業拡大に伴う業務効率化を図るため、吉祥寺本社及び渋谷オフィスを統合し、東京本社として新オフィスに移転することといたしました。

[東京本社 オフィス移転概要]
移転時期:2018年秋を予定
移転先住所:〒150-0011 東京都渋谷区東一丁目29番3号 渋谷ブリッジB棟4・5・6階

正式な移転時期が決定しましたら、改めてご案内差し上げます。

なお移転先ビルとなる渋谷ブリッジは、東急電鉄が手がける渋谷再開発プロジェクトの一つであり、2018年秋の開業予定に向けて現在建設が進んでおります。

株式会社フラッグ東京本社オフィス

渋谷ブリッジの詳細はこちらをご参照ください。

今後とも株式会社フラッグをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


本件に関するお問い合わせ

担当:コーポレートデザイン部
MAIL:hr@flag-pictures.co.jp
TEL:0422-29-7855  FAX:0422-23-1811
東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F

フラッグ沖縄オフィス移転のお知らせ

2018.04.27

株式会社フラッグ(本社:東京都武蔵野市 代表取締役:久保浩章 以下、フラッグ)は、業務拡大に伴い2018年5月1日(火)より沖縄オフィスを移転し、営業を開始することといたしました。
お取引先様等におかれましては、誠にお手数をおかけ致しますが移転に伴う住所登録等の変更をお願い申し上げます。

新オフィスの詳細は下記をご参照ください。

[新住所の詳細]
株式会社フラッグ 沖縄オフィス
〒900-0005 沖縄県那覇市天久2-28-24-2F Webrex内
地図はこちら
TEL 098-951-3266

今後とも株式会社フラッグをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


本件に関するお問い合わせ

MAIL:sales@flag-pictures.co.jp
TEL:0422-29-7855  FAX:0422-23-1811
東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F

スポーツビジネスの知見を広めるオウンドメディア
「Sports Sponsorship journal」を創刊

2017.10.20

株式会社フラッグ(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:久保浩章)はこの度、オウンドメディア「Sports Sponsorship journal」を、本日10月20日(金)より開設しました。
オウンドメディア「Sports Sponsorship journal」(読み方:スポーツ・スポンサーシップ・ジャーナル)
https://www.sports-sponsorship.jp/

2020年の東京オリンピック開催に向け、スポーツ業界が盛り上がりを見せる中、スポーツビジネス市場も一層の拡大が見込まれています。「コト消費」の代表とも言えるスポーツビジネス市場は、今後も成長市場として期待されており、企業のスポーツコンテンツへの投資であるスポンサーシップの動きも活性化を見せています。また、企業名やサービス名の露出を目的としたスポンサーシップだけでなく、スポンサーシップによって得た権利を用い、企業課題を解決する活動である「アクティベーション」も活性化しています。

本媒体では、スポーツビジネスに実績がある執筆陣が、欧米のプロスポーツにおける各種スポンサーシップの事例や、プロモーションの取り組みなどを紹介し、スポーツビジネスの知見を求める読者に対して、より有効で質の高いスポーツビジネスの情報を提供していきます。

Sports Sponsorship journal



【公開記事例】
  • スポンサーシップによる、各種権利活用の事例
  • 最新テクノロジーを用いたスポンサーシップ事例
  • デジタルコンテンツとスポーツのプロモーション事例
  • スポーツチーム・リーグ等のソーシャルメディアマーケティング事例 など

《株式会社フラッグのスポーツビジネス事業について》

創刊と同時に開設したスポーツビジネス開発室では、当社の強みである企画や制作におけるノウハウ、各種ITソリューション、さらに様々なクライアントとのコネクションを複合的に活用し、クライアントの更なるスポーツビジネス展開を支援、事業の発展を目指します。

●スポーツビジネス開発事業
https://www.flag-pictures.co.jp/services/sports_development/



本件に関するお問い合わせ

担当:スポーツビジネス開発室
MAIL:sbd@flag-pictures.co.jp
TEL:03-5774-6398 FAX:03-5778-1661
東京都渋谷区東1-29-3 渋谷ブリッジ6F

『ローカル鉄道・地域づくり大学』グッドデザイン賞を受賞

2017.10.04

株式会社フラッグ(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:久保浩章)が、ひたちなか海浜鉄道株式会社(本社:茨城県ひたちなか市、代表取締役社長:吉田千秋)、株式会社インターテクスト(本社:東京都港区、代表取締役:海野裕)と共に企画・事務局運営を行う人材育成プロジェクト『ローカル鉄道・地域づくり大学』が、このたび2017年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

2017年度グッドデザイン賞
ローカル鉄道・地域づくり大学について

全国で廃線が相次ぐローカル鉄道。しかし茨城県ひたちなか市のローカル鉄道「ひたちなか海浜鉄道」はそうした廃線の危機から官民の力を結集し、黒字化間近まで復活を遂げています。その成功の秘密は優れたノウハウとアイデアを持つローカル鉄道経営者と、献身的な市民による支援活動、公共交通に明確なビジョンを持つ行政による「三位一体の地域経営」にあるのです。「ローカル鉄道・地域づくり大学」はこのノウハウを体系化し、日本全国のローカル鉄道とそれを抱える地域の課題を解決することを目標に設立された「ローカル鉄道による地域活性化のプラットフォーム」です。

ローカル鉄道・地域づくり大学
これまでの実績

ローカル鉄道・地域づくり大学では、ひたちなか海浜鉄道に蓄積されているローカル鉄道経営と地域運営に関するノウハウを「サマースクール」という形でオープンにしています。「サマースクール」は2012年から開催され、今年2017年で6年目を迎えます。鉄道ファンはもとより地域活性化を志す市民、ローカル鉄道や公共交通に問題意識を持つ行政担当者、さらには公共交通や都市政策を研究する大学教員の方々まで、多くの参加者を集めることで、本大学はローカル鉄道経営と地域運営に関する一大ナレッジキャピタルに成長しつつあります。これまでの延べ参加者は数百名に達し、Facebookグループ、Facebookページとも活性化しています。また各回数百名を集客し過去3回開催した「ローカル鉄道サミット」では有識者による活発なディスカッションを行いました。ローカル鉄道・地域づくり大学は、鳥取県若桜鉄道の公募社長も輩出しています。

ローカル鉄道・地域づくり大学
グッドデザイン賞審査委員による評価コメント

ローカル鉄道のフロントランナーひたちなか海浜鉄道が鉄道経営と地域運営のノウハウをオープンにして、全国のローカル鉄道関係者が学び合う「サマースクール」。ローカル鉄道を取り巻く厳しい環境にもかかわらず、実際に成果も出しつつある。鉄道経営だけでなく、地域運営と組み合わせて考えることで、ローカル鉄道の新たな捉え方を提示している点も興味深い。人口減少・超高齢化が進む鉄道大国日本で、各々の地域がどのように鉄道を活かした地域づくりができるのか、その可能性の提示に期待したい。

グッドデザイン賞とは

グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。

関連リンク

ローカル鉄道・地域づくり大学
グッドデザイン賞

第3回 コンテンツ マーケティング EXPOに出展いたします

2017.06.12

株式会社フラッグ(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:久保浩章)は、2017年6月28日~6月30日に東京ビッグサイトにて開催される「第3回 コンテンツ マーケティング EXPO」に出展いたします。
当日は、映像制作・Web制作などのコンテンツ制作全般を手がける「クリエイティブ事業」と、オンラインマーケティングを行う「PRプロモーション事業」の2事業を軸に、多角的に展開しているデジタルマーケティングサービスを、事例をまじえて会場特設ブースにてご紹介します。
皆さまのご来場を、お待ちしております。

参考:第3回 コンテンツ マーケティング EXPO


本件に関するお問い合わせ

担当:法人営業部 塩原  MAIL:t.shiobara@flag-pictures.co.jp
TEL:03-6427-9089  FAX:03-5778-1661
東京都渋谷区渋谷3-11-2 渋谷パインビル3F

宣伝会議 2017年6月号本誌およびデジタル版に、弊社代表の記事が掲載されました。

2017.06.06

宣伝会議 2017年6月号本誌およびデジタル版に、弊社代表の記事が掲載されました。

特集『大手から中小までネット社会でブランドが信頼を得る方法』にて、ソーシャルメディアマーケティングに関する記事を寄稿いたしました。
ご興味ある方は、ぜひご一読のほどをよろしくお願いします。

関連リンク

宣伝会議デジタル版
宣伝会議 本誌

CONTACT
お問い合わせ、各種ご応募などは
下記の該当フォームよりご連絡ください。